珊瑚(赤珊瑚)の買取査定専門業者5選を比較形式でご紹介!【珊瑚のネックレスや指輪等アクセサリーの売買におすすめ!】

インターネットでのやり取りで完結する珊瑚買取

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/07/08

珊瑚を買取してもらいたいと考えてみたものの、お仕事などが忙しく店頭まで持参することが困難な場合も少なくありません。

そんな方のために、自宅に居ながらにしてインターネットのやり取りだけで完結できる買取サービスが登場しています。

 

公式ホームページのフォームから申し込む

インターネットに公式ホームページを開設している買取事業者の多くは査定申し込みフォームが用意されています。必要事項のほかに入手した時期や説明を入力して文章で価値をアピールできるのに加えて、写真を送信することができるのでスマートフォンやデジタルカメラで珊瑚を撮影した画像を添付すれば状態を見てもらうことが可能です。

写真で美しさを示して価値を適切に評価してもらうのはもちろんのこと、査定で細かな部分を調べたり価格交渉をする手間を軽減する目的から、逆に傷や損傷などを正直に申請することで査定額をプラスすることを宣言している事業者も登場しています。

ただし、珊瑚は複雑な形状をしていることから実物を見てみなければ判断できない要素も多く、まずは仮査定として金額の概算を通知し、それに納得できれば宅配便などを利用して送付してから実物を見た本査定が実施された上で最終的な金額が通知されて売買契約を締結するケースがほとんどです。

何段階かの手間はかかってしまいますが、まずは概算を知って本当に売却するのかを判断ができるのがメリットです。

 

24時間いつでもやり取りができる宅配買取

出張買取の場合は約束した時間に在宅していなければならず忙しい方にとっては大変でしたが、宅配買取の場合はコンビニエンスストアから送付するのであれば24時間いつでも対応しているのが便利です。その中でも申し込むと宅配キットが送付されるサービスがおすすめで、ダンボール箱と買取申込書、着払いの送り状が送付されるのが便利です。

着払いであれば事業者の側で配送料を負担してもらえるのが嬉しいのに加えて、さらに気を使ってくれる事業者であればエアーパッキンなどの緩衝材も付いてくるので、運送時の破損の心配もありません。買取してもらいたい珊瑚をその緩衝材でしっかり包み、必要事項を記入した買取申込書と一緒に梱包し着払いの送り状を貼付して宅配便の事業者に自宅まで集荷に来てもらうか、コンビニエンスストアなどの配送を受け付けている窓口から配送を申し込みます。

荷物が先方に届き次第査定が実施され、金額がメールなどで通知されるので売買契約を締結すれば指定口座に査定額が振り込まれ、キャンセルすれば再び宅配便で返送してもらえるという仕組みです。

 

LINEアプリで査定を依頼する

最近では、メッセージアプリのLINEによる査定を受け付けているケースが増えています。公式ホームページではアカウント名やQRコードが公開されており、友達登録を行ってからメッセージのやり取りで査定をしてもらうことができます。スマートフォンやタブレットがあれば、自宅だけではなく外出先でもスタッフとのやり取りをすることが可能です。

もちろんLINEの機能で写真を送信することができ珊瑚の価値を直接アピールしたり、傷や経年劣化があると相談すれば状態を見せて欲しいと言われて指示されたアングルから撮影した写真を送信することも可能で、より詳細に査定や交渉が行われます。

最後に査定額が明示され、納得すれば売買契約が成立し指定口座の通知や売りたい品物の送付方法について案内が行われます。LINEならばスタッフがスタンバイしていればリアルタイムでメッセージのやり取りが行えるだけではなく、リアルタイムに対話できなくても時間差でメッセージを閲覧してもらえればやり取りができるのも大きなメリットです。

 

かつては珊瑚を買取してもらおうと考えても、お仕事が忙しく店舗に足を運ぶ時間が無ければ、相場が高騰した絶好のタイミングを逃してしまったというケースもありました。

しかし、現在ではインターネットでのやり取りで完結できる買取の手段がいくつもあり、申し込み方法の自由度が大幅に広がっています。

 

 

 




サイト内検索
珊瑚買取専門店ランキング!
第5位 なんぼや
なんぼやの画像