珊瑚(赤珊瑚)の買取査定専門業者5選を比較形式でご紹介!【珊瑚のネックレスや指輪等アクセサリーの売買におすすめ!】

高価買取してくれる珊瑚の買取業者の特徴とは

珊瑚は宝石として古くから人間と関わりがあります。

特に珊瑚の赤は魔除けとして扱われることが多いのですが、近年は環境問題などで珊瑚そのものの流通に制限がかけられています。

そのぶん希少価値が出ているので、もし売ろうと考えておられる方は少しでも高価で買取をしてくれる業者の特徴を調べてみてはいかがでしょうか。

 

世界中のマーケットで豊富な流通ルート

珊瑚の専門店であることはもちろんですが、買取した品物を日本国内だけでなく世界中のマーケットにて売却するという流通ルートを持っているところが良いでしょう。

どうしても日本国内だけであると利益も出にくいですが、世界中だと確実な利益を確保することができます。

特に日本の赤珊瑚は深みのある赤で、アメリカではオックスブラッドと呼びヨーロッパではトサなどの名称で呼ばれ、いろいろな種類の中でも最高ランクとされています。

他にもこの日本の赤珊瑚は台湾や中国の富裕層に人気が高いため、この2国の発展に伴い高い市場価値で取引されています。

実際に海外の流通ルートがある場合ではそういった利益を生むことが多いのを踏まえて、価格設定の基準も高くなる傾向があるので、出来れば豊富な流通ルートが確保できている業者に売却するのがおすすめです。

珊瑚だけではなく他の貴金属などを扱う世界中のマーケットを持っている業者であれば、さらに豊富な流通ルートを持っていることも多いにあるので、探してみるのもおすすめです。

 

珊瑚について経験豊富で専門的な鑑定士

珊瑚というのは生物由来宝石で他のダイヤモンドやルビーなどの無機宝石と違い、表面に傷があったとしても傷を取ることで新品同様に蘇るためずっと使用できる宝石です。

このような珊瑚の特性を知っていたり珊瑚の色相や品質などのことも専門的に知っている業者さんでないと、きちんとした価格の査定をしてもらえないことになります。

一般的な業者の方は珊瑚に関する知識や相場感覚がない場合が多く、本来であれば値段がつく品物に関しても買取自体を拒否されてしまうことがあります。

仮に拒否をされなかったとしても、実際の査定額が低かったり価値を正しく判断できないために、かなり損をしてしまうことになります。

特に経験豊富で実績のある鑑定士のところで、専門性の高い査定をしてもらえるほど買取価格も高くなりますので、必ずそのような珊瑚専門の鑑定士がいるところがおすすめです。

珊瑚に関する査定は他の一般的な宝石類に比べてみても高い専門性が必要です。

専門的な査定の正確性が、より高い買取に繋がることは間違いありません。

 

店頭で査定から買取までスピーディー

店頭買取とは直接店舗に行って買取をしてもらうという方法ですが、この店頭買取のメリットが直接なので価格交渉がしやすいというところです。

店側のスタッフが提示してきた査定金額に対して多少であれば金額を上げることが可能です。

宅配や出張買取サービスではこのような価格交渉はできません。

なのでこのように宅配のみしか受け付けてない店ではなく、店舗買取も行っているお店の方がきちんとしていて専門的な鑑定士がいる可能性も高いです。

しかも宅配買取の場合、代金が振り込まれるまで何日か空いてしまう可能性もあり、もしも金額が高価になった場合はその場で支払いが行われないで後日支払いになるケースがあります。

その点でも店頭の方が、査定から買取が行われて、代金も店頭でスピーディーに支払われるというメリットがあります。

このように、もし珊瑚を売ろうと考えておられる人は、とにかく一番に経験豊富な専門の鑑定士がいるところを探して一度査定だけでもしてもらう方が良いです。

そしてより高額買取してくれるお店に出会えることを願います。