珊瑚(赤珊瑚)の買取査定専門業者5選を比較形式でご紹介!【珊瑚のネックレスや指輪等アクセサリーの売買におすすめ!】

買取の前に把握しよう!珊瑚の買取相場とは?

珊瑚は生物由来の宝飾品ですが、古くから世界中で愛されてきたものです。

宝石としての需要も高いですし、買取をしてもらいたいと考えている人もいるかもしれません。

買取相場は市場での取引価格やその時期の流通量、需要の高さなどによって変わってきます。

そのためきちんと把握しておくことにより、できるだけ高く買い取ってくれる店舗が分かるようになるのです。

 

珊瑚を買い取りに出す時にポイント

実際に珊瑚を買取に出したいという場合、買取相場や査定の時にチェックされるポイントなどを確認しておきましょう。

価格は主にカラーや模様、カット、サイズなどによって変動します。

カラーに関しては血のように赤い色をした日本産の血赤珊瑚が有名となっており、価格が高くなる傾向にあります。

また、血赤珊瑚の中でも高知県で採取されるものは最高級の評価を受けており、価格が最も高くなるとされています。

基本的には色が濃くなるほど価格も高くなる傾向にあります。

しかし、色が濃いものでも斑点の模様などさまざまな要素により、価格が低くなることも考えられます。

特に桃色のものは色ムラが少なく、表面が均一になっています。

場合によっては赤いものよりも価格が高くなることもあります。

カットも価格に大きな影響を与えることを把握しておきましょう。

最も価値が高いとされているのは真円型のカットです。

次に楕円形となっていますが、最近ではドロップカットの製品も人気が出てきています。

比較的高値で買い取ってもらえるので査定してもらうと良いでしょう。

 

珊瑚を高く買取して欲しいのなら

宝飾珊瑚の供給量は少しずつ減ってきています。

需要の高いカラーの供給量も減少していますし、色の濃い血赤珊瑚などは希少価値が高まっているのです。

珊瑚の買取は実績のある業者に任せることが大切です。

実績のある業者なら価値を見落とされることは少ないのです。

しかし、珊瑚の買取を専門としていない業者の場合、きちんとした価値を判別してもらわずに買い取られてしまう可能性もあるのです。

買取に出す場合、一つだけでなく複数の業者の査定を受けてみると良いでしょう。

価格を比較することにより、最も高く買い取ってくれる業者を見つけることができるのです。

ちなみに、査定については無料で行っている業者がほとんどです。

また、出張買取サービスを行っている業者の場合、自宅にいながら査定をしてもらえるので便利です。

そのため積極的にそのような業者を利用しても良いでしょう。

宝石の買取において珊瑚は古くから高い需要を持っており、特に日本産の濃い赤色のものなら高額査定が期待できます。

価値のある宝飾品ですし、後悔しないように売却することが大切です。

 

珊瑚の買取価格は変動しやすいことが特徴

一口に珊瑚といってもさまざまな種類の製品があります。

形や作り手もそれぞれ異なりますし、中には100万円以上で取引されるものもあるのです。

ちなみに、カラーやサイズが同じように見えても、数万~数十万円単位で価値が変わってくることもあります。

希少性の高さや作家物かどうかといった違いにより、価格に差が生じてしまうということです。

鑑定価値が30万とされる珊瑚でも、10~50万以上という幅広い金額で売れることがあります。

その理由は欲しい人が自身で決めた価格で入札をするためであり、同じ製品でも価値の決め方は人によって異なってくるのです。

ブランド品や腕時計などは基本的に上限が設定されていますが、生物由来の宝飾品については上限が存在しません。

個人の気持ち次第で取引価格が大きく変動するため、ブームや流通量といった最新情報もチェックしておきましょう。

また、過去の取引を元にして相場を知っておくことも大切です。

買取業者の中には公式サイトに実績を掲載しているところもあるため、査定に出す前に調べておきましょう。