珊瑚(赤珊瑚)の買取査定専門業者5選を比較形式でご紹介!【珊瑚のネックレスや指輪等アクセサリーの売買におすすめ!】

珊瑚買取のメリットとは?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/02/05

珊瑚といえば通常は南の島の物を想像するでしょうが、宝石として取引されているものは種類が異なります。

採取に関して規制はあるものの禁止されているわけではありません。

もし持っているなら評価してもらうと良いでしょう。

世界で取引される宝石を引き取ってもらえる

真珠同様に石ではなく日本の名産として知られている宝石がありそれが珊瑚になります。

よく南の島などの自然で見かけますが、それらとは種類が異なります。

南の島などで見かけるものは保護されているため採取したり傷つけたりができませんが、宝石として知られているものは一般の海域ではあまり見られず、それなりに深いところで生息しています。

いくら採取しても良いわけではありませんが、採取が禁止されているわけではないので買取をしてもらうメリットとして世界で取引されている点が挙げられます。

日本産で日本でしか流通していないと評価もそれほど上がらないでしょうが、ヨーロッパなどでも非常に人気があります。

価値が高い状態で評価してもらえば、買ったときよりも高く評価してもらえるかもしれません。

日本の名産品で高額評価の可能性がある

日本産の貴金属や宝石があると、それを持ちたいと考える人もいるでしょう。

赤い宝石にはルビーがありますが、それ以外に人気があるものとして珊瑚があります。

赤にもいろいろなタイプがあり、非常に濃い赤もあればピンクがかっているものや白などの色が混じっているものなどもあります。

最も評価が高くなるのが濃い赤色のタイプで、色が薄くなったり他の色が入ると評価が下がる可能性があります。

持っているのであれば買取をしてもらうと良いでしょう。メリットとして日本の名産として知られているので良く流通されている点が挙げられます。

日本産も多くて評価をする人もそれなりにいます。

良いものをきちんと査定してくれる仕組みがあるので、低すぎる評価を受けにくいといえそうです。

業者は全国にたくさんあるので、その中からより高く評価してくれるところを選ぶと良いでしょう。

中国などの富裕層に人気が高まっている

中国は世界の中でも経済力が強くなっている国で、GDPは日本を抜いて2位になっています。

国が稼いでいるならその分中国の人も稼いでいるといえ、富裕層が多くなっているようです。富裕層は資産をお金以外のいろいろなもので持とうとするときがあります。

お金のままで置いて家もなかなか増やせないですが、他の資産であれば価値が上る可能性があります。

もし珊瑚を持っているのであれば買取してもらいましょう。

最近では、中国などに市場が広がっているようです。世界中で人気がある宝石の一つでありながら、ダイヤモンドなどに比べると価格自体は安いかもしれません。

これから中国の人がもっと興味を示して買い漁るようになると、市場での流通量が減るでしょうからどんどん価値が上るかもしれません。

なお、中国においても人気があるのは濃い赤色のタイプで、指輪のタイプもあればネックレスのタイプもありそのままでも評価してもらうことができます。

自宅に眠らせているだけだと非常にもったいないといえます。

 

 




サイト内検索
珊瑚買取専門店ランキング!
第5位 なんぼや
なんぼやの画像